乳酸菌よりもビフィズス菌のほうが大事?違いは何?

乳酸菌と合わせてビフィズス菌もよく耳にするようになりました。
しかし、ビフィズス菌がどのような効果、役割があるかわかりますか?
なんとなく体によさそうだから…とビフィズス菌入りの製品を選んでいた方は
この機会にビフィズス菌について詳しくなっちゃいましょう!

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌と乳酸菌は全くの別物のように感じますが、

ビフィズス菌は乳酸菌の一部であり、
乳酸菌とビフィズス菌は違うもの」というのは間違いです。
簡単に図で表すと↓のような感じです。

たくさんの乳酸菌の種類がある中の一つにビフィズス菌があるのです。

少し難しい言葉でいうと、包含関係ですね。

これまでに見つかったビフィズス菌の数はおよそ30種類あり、
その中でヒトの腸内にあるのは10種類程度です。

とは言ってもその特徴には違いがあるので以下に説明していきます。

乳酸菌は桿菌(桿状:棒のような形状のこと)又は球菌(球状)であるのに対して、
ビフィズス菌は不規則な形、配置をしています。

棲息の違い

乳酸菌は食品や牛乳、自然界など様々なところに棲息しているのに対して、
ビフィズス菌はヒトや動物の腸管に主に棲息しています。

また、ビフィズス菌は酸素があると発育できません。

腸内での作用の違い

乳酸菌は体の中で乳酸を作り出します。
ビフィズス菌は乳糖やオリゴ糖などを分解して

乳酸や酢酸を作り出します。
酢酸の強い殺菌作用によって悪玉菌をやっつけるので
腸内のpHを低下させ、腸内環境を整える役割があります。

整腸作用により下痢や便秘の改善につながります。

違いをまとめると

  乳酸菌 ビフィズス菌
桿状または球状 不規則
棲息 いろいろなところ 動物の腸内が主
腸内の作用 乳酸を作り出す 乳酸・酢酸を作り出す

ビフィズス菌の知っておきたい事実

これまでビフィズス菌と乳酸菌の違いを書いてきましたが、

正直目に見えないし、実感が湧きにくいですよね。

ここからはビフィズス菌のあまり知られていない、

知って得することを書いていきます。

ヨーグルトにはあまり入っていない

ビフィズス菌は酸素や熱に弱いためヨーグルトでの増殖が難しいのです。

そのためビフィズス菌入りのヨーグルトは実はそんなに多くありません。

また、私たちが食べる前に死んでしまうこともあるため、

せっかくビフィズス菌入りのヨーグルトを食べても

あまり効果が無い可能性もあるのです。

乳酸菌よりもビフィズス菌のほうが整腸作用あり?

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌とは人の腸内に存在する細菌のうち、その活動によって生み出される代謝物が人の健康維持に貢献するもの。

出典:小学館

善玉菌という菌があるわけではなく、いい影響のある細菌の総称なので、

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌に含まれます。

ヒトの腸内にある善玉菌のうち、ビフィズス菌と乳酸菌の割合は99.9:0.1(%)と圧倒的にビフィズス菌のほうが多いのです。
乳酸菌の100倍以上のビフィズス菌が棲んでいて、棲む場所も違います。
数が多いためビフィズス菌のほうが影響力が大きいことになります。

まとめ

乳酸菌とビフィズス菌は、形や棲息するところなど様々な違いがある。
その中でも特に覚えておきたいのが
ヒトの腸内にはビフィズス菌のほうがたくさん棲んでいるということ。
そのため、摂取した時に影響力が大きいのはビフィズス菌のほうである。
しかし、ビフィズス菌は酸素があるところでは発育できず、
熱や胃酸に弱いという弱点があるため、生きたビフィズス菌を摂るのは難しい。
ヨーグルトや乳酸菌飲料でビフィズス菌を摂取するのも困難なため、
生きたビフィズス菌が配合された乳酸菌サプリを摂るのがベストである。

↓トップページに戻る