植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いってなに?

乳酸菌には植物性と動物性があるという話は耳にしたことがあるでしょうか?
どちらのほうが身体にいいかとか、両者の違いというのはいまいちわからない方が多いと思います。
結論から言いますと、実は乳酸菌は植物性と動物性で性質的に違いは無いのです。
その理由を以下に解説していきます。

そもそも乳酸菌とは何かを知ればわかる

乳酸菌とは、糖を代謝して多量の乳酸を作る菌のことを言います。
乳酸菌は発酵食品以外にも、植物やヒト・動物の腸内、海など様々な場所で生育しています。乳酸菌はどこで取れたか、何から取れたかに関わらず、細胞の形態や生化学的性質によって菌の種類が決められます。つまり、植物性か動物性か、というのはあまり重要では何のです。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に違いはある?

これを踏まえて植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いはなにか考えてみましょう。
植物性乳酸菌は漢字の通り、植物から分離された乳酸菌のことを指し、植物は一般に動物に比べて多種多様な環境で生育しているため、より安全で体にいいとされています。
しかし、植物性乳酸菌のラクトバチルス・プランタムやラクトバチルス・カゼイなどはヒトや動物からも分離され、その性質に違いはありません。その逆にチーズやヨーグルトを作乳酸菌は、植物から分離されることもできます。

では何が違うのか

一般的に植物性乳酸菌のほうが生命力が高いと言われています。
私たちが乳酸菌を摂る理由としては、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることによって、その恩恵を受けることにあります。
そのためには、乳酸菌が生きて腸まで届く乳酸菌を摂取したほうが言い訳です。
乳酸菌は熱や胃酸に弱いため、食物と一緒に摂ると腸に届く前に胃でほとんどが死んでしまいます。
植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも過酷な環境で育っているので、比較的酸や温度変化に強いと言われています。

結局どっちを摂ればいい?

私たちヒトが乳酸菌を摂るなら植物性乳酸菌のほうがおすすめです。
どちらにも性質的には違いがありませんが、より腸まで届ける点で考えると植物性乳酸菌のほうが効果が期待できるでしょう。

↓トップページに戻る